カイテキオリゴのEOS(イオス)理論製法って何?

カイテキオリゴは便秘をどう治す?EOS理論製法とは

 

カイテキオリゴの特徴として独特の製法をしてるところがあります。
その名前はEOS理論製法。
これはカイテキオリゴの効果の核になるくらい大事な製法なんです。

 

今回はこの作り方と便秘治療の詳細をちょっと紹介。

 

便秘を治すにはビフィズス菌!

 

カイテキオリゴはEOS理論製法で便秘を治しています!

 

 

・・・といきなり言ってもなかなかわからないですよね。

 

ということで、まずその解説の前にオリゴ糖と善玉菌の話から。
善玉菌はその名の通り体にいい効果をもたらしてくれる菌のこと。
その善玉菌の中で腸内環境を活発にしてくれるのがビフィズス菌
CMでもよくやってますよね。

 

 

そしてカイテキオリゴの名前にもなってるオリゴ糖はこのビフィズス菌の餌になるものなんです。
なのでオリゴ糖をたくさん摂取することでビフィズス菌の活性化、つまりは腸内環境を活発にしてくれるわけです。

 

ただ、ここで一つ問題が。
このビフィズス菌は30種類以上あり、それぞれにオリゴ糖の相性があるんです!

 

オリゴ糖もすべてが全く同じではなく、抽出方法などによって違ってきます。
オリゴ糖Aとビフィズス菌Aの相性が良くても、ビフィズス菌、C、Dとの相性が悪かったりします。

 

これを完ぺきにするのは無理なのでは妥協して切り捨てるビフィズス菌も一部あったんです。
・・・今までは。

 

ビフィズス菌との相性を100パーセントに!

このカイテキオリゴは業界で初めて勝つ唯一、すべてのビフィズス菌との相性を考えたオリゴ糖なんです!

 

そのカギになってるのが上で話したEOS(イオス)理論製法という作り方。
ようやく出てきました。

 

EOS理論製法とは

複数のオリゴ糖を組合すことに成功した技術。それぞれのビフィズス菌に合ったオリゴ糖を摂取できるので他のオリゴ糖サプリと比べ物にならないくらいの腸内環境は活発になります。
このEOS理論製法は2011年に特許を取得。カイテキオリゴのみで使用できる製法。
完全オリジナルの製法になっています。

カイテキオリゴ公式サイトより引用

 

要するに、

 

30種類のビフィズス菌をすべて活性化させることができる製法

 

ということです。
この製法によってカイテキオリゴは便秘を治しているわけなんですね。

 

まとめ

 

EOS理論によって便秘を効果的に治療
オンリーワンの技術

 

他でやっていないということで、いろんなサプリで効果がなかった人でも効き目がある可能性はあります。
効果がなければ全額返金できるのでお試しに始めて見てはどうでしょうか。